「ドラ1馬場選手のニックネームを考えてみた ついでに他の新人選手のあだ名も」の巻

こんにちは、がおまるです。
勢いあまって連続投稿です。
というのも、こんな私好みのネタを提供してくれるなんて
居ても立っても居られませんでした笑

さてさて、阪神の安芸キャンプに新人選手たちが
招待されましたが、
※なお、前回の記事はこちら「安芸旅行で終わったらあかんでーの巻

その中で馬場選手に
チーム内から「自分でニックネームを考えて来い!」と
言われたとか…

こんなこと、自分がもし初めて出社した会社で言われたら
「うわああああーー、どうしよう」とか
「体育会系の肉食男子の先輩達ばかりでやっていけるかな」
とか少し不安になりかねません笑

当方が大学のサークルに入った時の話
確かに必ずニックネームは最初に聞かれます。
先輩達「ニックネームは何て呼ばれてるん?」
部員 「実は、ニックネームで呼ばれたことがなくて…」
某力の持った先輩「あーそうなん、じゃあ○○ねー」
先輩達「いいやん、○○笑、○○よろしくなー」
部員 「!?」
このような流れで、ニックネームは聞かれますが、
もしなければ強制的に決められます。
私の友達の中には博士みたいだから、「ハカセ」とか
アシックスの服をよく着ているから「アシ―」とか
この一瞬の出来事の際に直感で決められて、
その直感で決められたニックネームを
4年間背負い続けることになります。

そういう意味では、自分で考えて来いというのは
裏を返せば、自分の好きな呼び名で
呼んでくれるという意味ですので、
いいことといえばいいことなのかもしれません笑

とまあ、前置きが長くなりましたが、
では、発表していきましょう。
馬場選手だけだと、他の選手が嫉妬しそうですので、
全選手。
私は公平がモットーです笑

ドラフト1位 馬場選手
第1候補「リアン」
これは、バーバリアンから取りました。
バーバリアンだと少し長いので、削って「リアン」
としました。
よく、敵キャラとかでバーバリアンという名前の
キャラクターが出てきて、強いので
剛腕になってほしいという意味を兼ねて
バーバリアンを採用しました。
しかし、バーバリアンという意味を
理解していなかったので、一度調べてみることに
辞書によると…
①野蛮人
②無教養で野蛮な人

私「えっ?…
さーせんでした。笑」

ということで、このニックネームは没。
少し失礼でしたね笑

そこで、考えたのがこれ
「バーバリー」
これならよくありませんか?
非常におしゃれな感じですね。
やはり、ドラ1ですからね。
おしゃれ路線で売っていかなければいけません。
ということで、「バーバリー」で行きましょう。

ドラフト2位 高橋遥人選手
「ハルト」

これは、異論はありません。全員一致でしょう。

馬場選手は、一軍チーフマネージャーがいるから、
ニックネームが必要とのことですが、
高橋遥人選手は高橋聡文選手がいることから、
選手同士で被ってしまいます。
高橋選手にも是非ともニックネームは必要です。

そういう意味では、現高橋選手はファンからも
アキフミと言われていますし、同様にハルトで
いいでしょう。
実際、藤川球児選手と藤川俊介選手も下の名前が
ニックネームですし、阪神の文化的に下の名前で
読むのが一般的でしょう。
私は、公平がモットーですので笑

ドラフト3位 熊谷選手
「クマ」

これも、異論はありません。全員一致でしょう。笑

鳥谷選手のニックネームは「トリ」。
本人の目標とする選手は鳥谷選手ですので、
本人にとっても嬉しいでしょう。

ただ、私はクマと言われたらある人物が
思い浮かびます。
皆さんの中にもぱっと思い浮かべたひとがいるのでは
ないでしょうか。
そうあの人です。
ドラマ「ごくせん」のラーメン屋の熊井です。
ドラマ内でみんなから「クマ」と言われていました。

イメージ自体は少し違いますが、
ごくせんの「クマ」のように、皆から愛される
選手となってほしいものです。

ドラフト4位 島田選手

「秀平」

島田選手のニックネームを考えたときに、
私は元某有名司会者ではなく、ある人の名前がなぜか
ぱっとひらめきました。
誰かわかりますか?
ヒントは手相です。

そうです、手相芸人「島田秀平」さんです。

ドラフト5位 谷川選手
「タニー」

やはり、言いやすさとかわいらしさを求めたら
「タニー」にかなうものはないでしょう。

ドラフト6位 牧選手
「辰吉」、「たっつあん」

「辰吉」さんのファンで、「丈一郎」という名前も
辰吉丈一郎が由来と本人が以前言っていました。
本人がそういうなら、仕方ありません。

「マッキー」や「ジョー」もいいと思うのですが、
本人がそういうなら、仕方ありません。

育成ドラフト1位 石井選手
「とんかつ王子」

実家がとんかつ店を経営されていると、
以前新聞にも載ってましたね。
まさにぴったりではないでしょうか。

以上、今年の新人選手のニックネームを考案しました。
※私の独断と偏見で勝手に決めただけですので、
一切の責任等は負いかねます。笑

一応冒頭で全員分考えると書いてしまい、
途中鳥肌が立ちながら考え、書いていましたが
何とか無事考案できて良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です