植田海選手 WL派遣見送り

こんばんは、がおまるです。

植田海選手のウインターリーグ派遣の見送りが
決定したとのことですが、個人的には残念です。
ウインターリーグといえば、阪神では
一昨年は岩貞選手、昨年は青柳選手が派遣されており、
共に翌年は活躍しました。
他球団では、オリックスの吉田選手も派遣されており、
今年は怪我には泣かされましたが、バッティングは
見事なもので、大器の片鱗を見せ付けました。
そういう意味では、期待の若手の登竜門的な
ウインターリーグを植田海選手にも経験してもらい、
一気に来シーズンブレイクといってほしかったです。

ただ、理由としては体力作りに専念ということなので、
金本監督の手元に残して自らの指導の下、
育成したいとの意図だと思いますので、
それはそれで評価されている証明であるとも言えます。

というのも、昨年、同様の理由から高山選手等も
ウインターリーグには派遣されておりませんので、
期待の若手枠に入っているということでしょう。

今シーズン植田海選手は、大和選手が怪我をした影響で、
代わりに上がってきました。当初は、お試しという
意味合いが強かったと思いますが、自慢の快速の
アピールに成功し、さらには課題と言われたバッティング
でも一定の期待に応える等、1軍初昇格後は、一度も
降格することなく、シーズンを終えました。
しかも、クライマックスシリーズでも代打起用され、
ヒットを放ちましたし、来シーズンに向けて、
非常に良い経験をつみ、ベンチからの信頼も
勝ち取ったと言えます。

実際、金本監督によれば、シーズン終了間際に
植田海選手の成長を見て、「面白い」と発言
しておりましたので、評価は上々であるでしょう。

ただ、代わりに北條選手が少し心配です。笑

個人的にも、植田海選手は、2軍時代から応援していた
選手ですので、是非成長して、頑張ってもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です