大山 ショート挑戦の意図とは

こんばんは、がおまるです。

今日のデイリー見て、ビックリしました。
結局ショートもやるんかい。
デイリーの表紙に描かれた虎の顔もビックリしていましたよ。

私は、セカンド挑戦までは一定の理解を示していました。
ただ、ショートもとなると、流石にちょっとです笑
仮に大和が移籍したとしても、糸原、北条、植田海に加えて、
新加入の熊谷がいますし、育てていかなければなりません。
ただ、セカンドにも上本がいますし、西岡もいます。
そうなると、セカンドで起用する場合には併用とならざるを
得ないため、その保険的な役割なのでしょうか。

おそらく、金本監督は大山を来シーズンどんな形であれ、
スタメンで起用したいのでしょう。
そうなった際の選択肢を増やすために色々と練習をしている
といったところなのでしょうか。

実際の民間企業等では、期待する若手には
ジョブローテーション等を通じて様々な業務を経験させ
ジェネラリストに育てます。
これは、恐らく管理職になったときのことを見据えて、
様々なことを少しずつでもいいので経験していた方が
マネジメントに役立つのでそうしているのだと思います。

ただ、これはプロ野球です。
何も監督を育てるためにやっているわけではありません。
つまり、個々人が職人いわゆるスペシャリストとして
活躍することが求められます。
例えばセカンドはこいつ以外いないという域に
達した選手が絶対的なレギュラーであるといえます。
実際、阪神の不動のレギュラーである鳥谷は
昨年までずっとショートを守っていました。
しかも、入団して間もないころは、
元々いたレギュラーショートを敢えてコンバートさせて
鳥谷を辛抱強く起用し続けたという経緯もあります。
そのような努力が功を奏し、今や球界を代表する
近年の阪神で唯一?の生え抜きスターとなったのです。

要するに、大山を本気で育てたいのであれば、
どこかのポジションで固定させて、我慢強く
起用し続けた方が得策だといえます。
他選手がいるなら、コンバートさせてポジションを
空ける。
目先の出場機会にとらわれ、守備位置を転々と
させるのではなく、どっしり構えさせる。

実際、北條にはそれができていました。
昨年、序盤こそセカンドで起用されていましたが、
後半はずっとショート
今年にいたっては、鳥谷をコンバートさせて
ショートのポジションを与え、不振に陥りスタメン
で出ないときもありましたが、一応今シーズンは
最後までショート一本でやりきりました。

このスタンス

で良いのではないでしょうか。
ただもしかしたら、金本監督も最終的にはそうすることが
目的で今はキャンプなので、色々やらせてみて
適正を見ている段階なのかもしれません。
ファーストは新外国人、サードは鳥谷までは
ほぼ決まっています。
そうなると、セカンド、ショート、外野が残る
ただ、来シーズンは高山を出したいが、
高山にセカンドショートは厳しそう。
なら、大山にどっちかをやってもらいたい。
大山は試合で見る限り、守備がうまいので、
練習次第ではいけそう。
という感じでしょうか。

この意図は、金本監督のみ知るところですが、
ひとつ気になることがあります。
鋭いみなさんなら、デイリーの表紙を見たときに
違和感を覚えましたよね?

そうです。
7ポジションってなってるけど、センターとライトは
やってないやん!!
5ポジションでは?

さあ、全く締まらない締めでしたが、
ここまでありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です