中田選手、阪神移籍か!?

こんばんは、がおまるです。

新聞やテレビ等、マスコミが頻繁に取り上げている気になる
話題、中田選手の去就についてです。

中田選手の移籍パターンとしては、以下のものがあります。
①FA宣言で獲得
メリット :強いてあげれば、あと腐れなく獲得できること
デメリット:多額の費用(総額約20憶園)と人的補償が必要
②FA宣言をしないことを確約させて、トレード
メリット :FAと比較すれば、多額の費用は不要
人的補償はプロテクト外から日ハムが一方的に
選択するのに対し、トレードであれば、双方の
球団が了承した選手になるため、ある程度、
放出する選手を阪神が選択できる
また、金銭であれば、トレード要因は不要
デメリット:FA同様、トレード要因は必要
(金銭であれば、不要)
③日ハムに残留させ大幅に年俸を下げたうえで、トレード
メリット :②に加え、年俸を抑えられる
デメリット:②とほぼ同様
④FA宣言せずに契約更改を迎え、限度額を超える年俸を
提示し、中田選手に年俸を拒否させ、自由契約とし、
移籍球団と自由な年俸で契約する。
メリット :代償がない。年俸を自由に設定できる。
デメリット:なし。

もし、阪神が本当に獲得するのであれば、
断然④がいいでしょう。
しかも、この方法で過去に新井選手が広島に移籍しました。
新井選手は、年俸2億円から8000万円を提示し、
新井選手が拒否し、広島に移籍しました。
これは、新井選手の意思と思っていましたが、どうやら
阪神と広島が裏でこのストーリーで取引していたと
最近知り、驚きました。
新井選手は、黒田選手に戻って来いと言われて、戻ったことは
知っていましたが、まさか事前に球団同士でこのようなことを
していたとは…

今回の中田選手も同様に阪神と日ハムでやり取りを行う可能性も
否めません。

ただ、中田選手の移籍は、同時に若手選手の出場減に繋がり、
金本監督も消極的となっており、実際ファンも心配している
ことでしょう。

私的には正直、そもそも本当に中田選手が
移籍したいと思っているのか、
また日ハムが本当に放出したいと
思っているのか少し疑っています笑
関西のメディアが勝手に騒いでいるだけなのではないかと
正直思う部分もあります。
いくら今年不振で、高年俸であり、清宮選手を獲得できたからと
いって、日ハムは本当に良いのでしょうか。
清宮選手が1年目からものになるとも限りませんし、
仮にも日本の4番です。
落合さんも「12球団全てほしい」と思うと
コメントしていました。

また、中田選手が少し不憫にも思います。
今までここまで日ハムに貢献した選手が、
一回の不振と新しい金の卵の出現で
お払い箱にされるなんて笑

日ハムはそういう球団なので、仕方ないかもしれませんが、
中田選手もFA取ったら、メジャー行って阪神に行くと過去に
発言したともいわれており、そのような忠誠心のない言動が
首脳陣の反感を買った可能性も否めませんが、、

まあ、今年の不振さえなければ、ここまで悩むことはなかった
ので、本人の問題といえばそうなんですけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です